現実と向き合ってこその成長

看護師の中には、現状に対しての不満や不安を抱える人が実に多い。
やはり、一般的な会社員としての勤務より、何かとハードな仕事内容だということが影響しているようだ。
病院やクリニック内で大車輪の活躍をするのが看護師であり、朝から晩までのハードな業務内容も特徴と言える。
決められた時間内に帰宅できるのが極端に少ないことも、看護師という職業の宿命かもしれない。
意気揚々と看護師の道に飛び込んだものの、厳しい現実に打ちのめされるということも少なくない。

そんな看護師の中には、思いきって転職を決意する人もいる。
少しでもキツイことに直面すると、転職を繰り返す看護師は意外にも多く存在している。
自分の未熟さやスキル不足を棚にあげてしまうのが、転職を繰り返す人の多くに言えることだ。

スキルアップやレベルアップをすることに注力せず困難を回避することばかりしているようでは、看護師としての信頼や信頼を手中におさめることは難しいと言わざるを得ない。
現場の厳しい業務を積極的にこなすことが、自分自身を成長させることになる。
転職に打って出るには、確固たる目標やゆるぎない覚悟が必要だ。
楽をするために職場を変えるといったレベル感では、到底実力を伸ばすことはできない。

なお、看護師の転職サポートを手掛けるサービスは多い。
間を取り持つコーディネーターの元には次々と転職を希望する看護師がやってくるというが、何よりも大切なのは、本人のやる気だということは言うまでもない。