看護師の転職における問題点

看護師の人材が不足している病院は数多く、看護師は転職しやすい状況だと言える。
しかし、全ての看護師が転職で成功しているわけではない。
転職で大きな挫折を経験し、何度も転職を繰り返している人も存在しているのが現状だ。
看護師の転職によって浮上する問題点には、どのようなものがあるのだろうか。

看護師における転職の問題点としてまず挙げられるのが、求人票と現実のミスマッチだ。
例えば求人票に残業がほとんどないと書かれていたのにも関わらず、実際には月に数十時間もの残業が発生した場合だ。
患者数の増加によって急に忙しくなったという理由も考えられるが、求人票の内容と現実が異なっていることは事実だ。
このようなミスマッチを無くすためには、その医療機関を自分の目で見学したり、働いている看護師から話を聞いたりすることが必要だと言える。
病院の現実を追求することで、求人票には掲載されない部分が見えてくる。

また、希望条件に合致する求人がなかなか見つからないという点も、看護師の転職における問題点の1つだ。
一般企業や美容系のクリニックは、看護師の間で比較的人気が高い職場だ。
その理由は、基本的に夜勤が無く、高い給料を期待できるためだ。
このような職場は離職率も低い傾向にあり、求人がなかなか出ないケースも少なくない。
競争率の高い職場への転職を目指すのであれば、長期間の転職活動になる可能性があることをあらかじめ覚悟しておいた方が良い。

上記に気をつけて転職活動を行えば、転職を成功させる可能性は大いに高まる。