応募書類

看護師が初めての転職を成功させるポイント

看護師が初めて転職しようと考えた時、失敗しないためにはどのようなポイントを押さえておく必要があるのだろうか。 まず第一に気を付けておきたいのが、広い視野を持つことだ。 看護師が転職できる職場は、病院だけではない。 美容クリニックや介護施設、訪問看護ステーションなど、その種類はたくさんある。 看護師としての経験を活かせる一般企業で働くことも、十分に可能だ。 また一口に病院と言っても、その種類は実に様々だ。 地域医療を担う総合病院もあれば、教育や研究施設を兼ねた大学病院もある。 このような選択肢を広く持つことで、希望条件に合う転職先が見つかりやすくなる。 また看護師が初めて転職する際は、入念な準備を行うことも重要なポイントだ。 事前準備でまずはじめに行うべきなのが、自己分析とキャリアプランの作成だ。 これを怠ってしまった場合、数年後にこんなはずじゃなかったと、後悔してしまう危険性が出てくる。 だからこそ、この2つはしっかり行う必要がある。 また、応募書類の作成や面接対策のことも考えておかなければならない。 応募書類は履歴書と職務経歴書の2つを求められるケースが多く、わかりやすく経歴や経験した職務をまとめることが大切だ。 一方面接対策では、必ずと言って良いほど聞かれる質問がある。 それは、退職理由と志望動機だ。 頭の中で答えをまとめていても、言葉として発するとうまくまとまらないケースは少なくない。 そのため、うまく話せるように声に出して練習することが大事だ。