満足いく外壁塗装のために、失敗しない業者選び

外壁塗装をし直す重要性についてはわかっていただけたかと思います。

では実際に自分の家で外壁塗装をするとなったとき、一番大切なことは何でしょうか。

それは、業者選びです。

我が家の外壁塗装では、前回と同様の業者を選びました。

では前回はどのようにして決めたのかというと、数社に見積もりをお願いして、価格と対応の良さを総合して決めたのだといいます。

業者を選ぶときには、このように数社に見積もりをお願いしてその中でもっとも適切だと思う業者を選ぶことが大切です。

例えばできるだけ安くやってもらおうと思ってお願いしたら、施工中の対応や施工の質の低さがとても嫌だったというケースはよくあります。

また、カラーのサンプリングなどの打ち合わせが入念に行われない業者にお願いしてしまうと、思っていたカラーと違う仕上がりになってしまうというのもよくあるケースです。

ですから、事前の情報収集と見積もりの段階での対応をしっかり見ておき、信頼できる業者に依頼することが満足いく外壁塗装を行う上で非常に重要なのです。

外壁塗装を行ってくれる業者は、非常にたくさんあります。

まず業者の中で大きく二つに分けると、大手メーカーと地元業者があります。

大手メーカーはテレビなどでもCMを流しているような大きな会社です。

大手メーカーに依頼するメリットとしては、何かあった時の保証が万全であることです。

ただし、施工は下請け業者が担当しますし、さらに実際に話をすることになる営業マンも別の人になりますので、話が違うこともありますし、他の業者に比べ中間マージンが発生しますので割高になります。

安心をお金で買うようなイメージですね。

地元業者は反対に割安で施工してもらえることが多いです。

地元に密着しているので、その土地の風土にあった提案をしてもらえるのも強みです。

ただし、あまり良くない業者がいるというのがこちらのデメリット。

きちんと比較して判断しなければ結局安いだけで満足できない結果になってしまうこともあります。

可能であれば、大手メーカーと地元業者数社ずつ見積もりをもらえると良い業者を選びやすいかと思います。

外壁塗装は決して金額も安くないので自分の目でしっかりと判断しましょうね。