家を建てて10年も経ってないけれど、外壁塗装って必要?

なぜ、家を建てるときに外壁塗装をするのでしょう。

みなさんは知っていますか?

最近はさまざまな塗料があり、デザイン性に富んだ仕上がりにすることも可能です。

では、やはり外観をオシャレにするためなのでしょうか?

いいえ、違います。

外壁塗装をする最も重要な理由は、家の健康を維持するためです。

詳しく言うと、防水性を保つためなのです。

家というのは建てたときはもちろん見た目も綺麗ですし、強度の点でもまだ新しいのでしっかりしています。

しかし、築年数が経っていくとどうしても雨や強風、台風、直射日光などで劣化していきます。

割れてきたり汚れが目立ったり、鉄部分に錆が出てきたり、木製の部分は腐食してきたりとどんどん強度がなくなっていきます。

そこで建物の寿命をのばすために定期的に外壁塗装をし直して、防水性を持たせることが重要なのです。

きちんと手入れをすればその分、家も長持ちするようになります。

大切な我が家ですから、しっかりケアしてあげて長い間付き合っていきたいですよね。

外壁塗装をし直すメリットについて、詳しく見てみることにしましょう。

まず一番重要なのが防水性ですね。

どうしても雨は避けることができない上、一番の劣化の原因にもなります。

外壁塗装し直すもっとも重要な理由がこの防水機能を保つことです。

もちろん、他にもメリットはあります。

たとえば、日本で暮らしていると地震を避けることはできませんよね。

この地震に対する強度も外壁塗装によって高めることができます。

火災による倒壊に対する強度も外壁を塗装しなおすことで高めることができます。

「耐火等級」

という基準を満たした塗料を使用することで火災に対する立派な対策になります。

いざというときの対策以外にも、壁のヒビなどを治すことによって内部の空気の漏れをなくすことができますので、冷暖房の効率が上がります。

夏や冬には非常に重要ですよね。

電気代の節約にもつながりますから、日常生活においてはもしかしたら最も重要なポイントかもしれません。

このように、外壁塗装のメリットはたくさんあります。

定期的に行って、安心して暮らせる家にしましょうね。