家の健康のために。外壁塗装する時期を見極めよう

一軒家を持つことは今でも憧れと思われますが、全てのメンテナンスに関する判断を自分でしなければならないのが大変なところですよね。

家を建てて数年はまだ外観も綺麗なままで新築気分が抜けないことでしょう。

外壁塗装のし直しなんて全く頭にないかもしれません。

しかし、一般的には建ててから8年経ったら外壁塗装をし直したほうが良いと言われています。

これには理由がありまして、モルタルというのは伸縮や振動などによって必ずひび割れが発生しますが、これが8年経つとほぼ収まってくるからです。

最近はデザイン性に富んだサイディングも多く見られるようになっていますが、こうした外壁の場合はクリア塗料を使って塗装することになります。

クリア塗料はある程度もとの外壁が綺麗でないと使用できませんので、年数が経って汚れが目立ってきてからでは使用できない可能性も出てきます。

ですから、家を建てたばかりだと思って安心していてはいけません。

家の健康と外観を美しく保つために、常に次のメンテナンスのことを考えるようにしておきましょう。

外壁塗装を行う時期について、新築なら8~10年という話をしました。

2回目以降は使用した塗料にもよりますが、だいたい10~15年程度になります。

塗替えの時期が近づくと次のようなサインが見られるようになりますので、気になる方は実際に自分のお家をチェックしてみましょう。

もっとも目立つのはひび割れですね。

これは当然外壁塗装をし直すサインです。

ひび割れの発生した外壁は防水性が低下します。

もちろん雨漏りの可能性もありますし、そこから水を吸ってしまうと急速に脆くなってしまいます。

最近の主流であるサイディングの場合は、塗膜の機能低下により粉化する現象が見られたら塗り替えのサインです。

そのほかには、苔などの繁殖も塗り替えのサインになります。

外壁以外でも、鉄部が錆びていたり木部が剥がれていたり腐食している場合はメンテナンスが必要です。

こうしたサインは見逃すと建物内部にまで傷みが広がってしまい、その修繕のために料金が発生してしまいます。

こうしたサインを見逃さないようにして、外壁塗装の時期を見極めましょう。